クーリングオフQ&A
 クーリングオフTOPへ戻る

クーリングオフQ&A

クーリングオフをハガキでだした場合のデメリットは?
 
クーリングオフは書面で行えばよいため、ハガキでも効力に問題はありません。
しかし、ハガキの場合、何時出したかの証明ができません。
したがって、業者からクーリングオフ期間が過ぎていると言われた場合、期間内に発信したことを証明できません。
 
次に、ハガキは受け取ったが、クーリングオフをするといった内容ではないと言われた場合も、ハガキの内容を証明することができません。
 
また、ハガキの場合、郵送事故等で本当に業者に届かないことも考えられます。
 
まとめると
郵送事故などで届かないことがある。
業者にクーリングオフ期間が過ぎていると言われる可能性がある。
ハガキに書かれている内容がクーリングオフをする意思表示であることを証明できない。
業者にハガキなど受け取っていないと言われる危険性がある。

 
以上をすべてクリアするために、内容証明郵便を利用しましょう。
 
クーリングオフQ&Aに戻る
 
Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved