クーリングオフQ&A
 クーリングオフTOPへ戻る

クーリングオフQ&A

使用(消費)したのでクーリングオフできないと言われたが、本当ですか?
 
特定商取引法の場合はこちらの指定消耗品に該当する場合は、使用又は消費するとクーリングオフ期間内であってもクーリングオフできません。
 
ただし、次に該当するときはクーリングオフできます。
・業者が使用・消費させたような場合
・使用又は消費するとクーリングオフできなくなることが書面に記載されていない場合
 
使用又は消費するとクーリングオフできなくなるのは最小単位です。一部使用しただけで、全体がクーリングオフできなくなる訳ではありません。
 
例1)5個入りを3ケース購入し、そのうち1ケースの内の1つを使用した場合、クーリングオフできなくなるのは開封した1ケースで、後の2ケースはクーリングオフが可能です。
場合によっては、開封した1ケースの内の未使用4個についてもクーリングオフできます。
 
例2)指定権利(役務)と共に消耗品を購入し、消耗品を使用又は消費した場合は、使用又は消費した消耗品についてはクーリングオフできませんが、権利や役務はクーリングオフできます。
 
業者の中には一部使用しただけで、すべてクーリングオフできなくなると言って、クーリングオフを妨害することがあります。
 
使用や消費について
使用や消費とは、単に開封しただけでは使用や消費にあたりません。密封することに意味のあるものや価値のあるもの(缶詰など)は、開封しただけで使用や消費にあたりますが、一般的には箱を開けただけであったり、包み紙やビニールをはがすだけでは使用や消費したことになりません
 
クーリングオフQ&Aに戻る
 
Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved