クーリングオフ
  クーリングオフTOP
クーリングオフ
訪問販売
電話勧誘販売
連鎖販売取引
特定継続的役務
業務提供誘引取引
割賦販売
不動産
内容証明
文面サンプル
事例別クーリングオフ
クーリングオフ判定
クーリングオフQ&A
クーリングオフ妨害
 
お問い合わせください
     
 
行政書士によるクーリングオフ代行
 
 

電話で勧誘を受け契約をした

電話勧誘販売の指定商品・権利・役務であればクーリングオフできます。
 
電話勧誘で多いのは
資格などの通信講座・教材 内職など
 
勧誘方法は、将来国家資格になるので、今のうちに取っておく方がいいといったり、今回ご案内する方のみ、特別に資格を取得しやすくなっているといったり、内職を紹介するが、そのスキルを取得するために通信講座を契約させたり、教材を買わせたりする方法があります。
 
電話勧誘にあたるのは
電話の他に、郵便(ダイレクトメール)、電報、ビラ、パンフレットなどによって、電話をかけされる場合にも、電話勧誘にあたります。
 
最近は、金融商品や先物取引の勧誘が増えています。
ロコロンドン取引(金や銀のロンドン渡しの現物取引)などの被害が増えています。取引の実態がない賭博行為(いわゆるのみ行為)のおそれもあります。
根拠のない儲け話には決して乗らないようにしましょう。
このような契約はクーリングオフできないものもあります。業者は簡単には解約を認めません。
 
また、通常では考えられない配当や利息がつくような金融商品・投資などは詐欺であることを疑ってください。
はじめに数回、配当や利息を支払い、信用させる手口が多くみられます。いずれ破綻します。
Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved