クーリングオフ
  クーリングオフTOP
クーリングオフ
訪問販売
電話勧誘販売
連鎖販売取引
特定継続的役務
業務提供誘引取引
割賦販売
不動産
内容証明
文面サンプル
事例別クーリングオフ
クーリングオフ判定
クーリングオフQ&A
クーリングオフ妨害
 
お問い合わせください
     
 
行政書士によるクーリングオフ代行
 
 

デート商法にひっかかった

特に男性の被害が多いのがこの商法です。
 
近づいてくる方法や、商品を買わせるまでの期間などさまざまで、実際に被害に遭っていても気づかない場合が多いです。
 
電話などで勧誘したり、最近ではインターネットの出会い系サイトやSNSを通じて知り合いになり、最終的に高額な契約をさせます。
 
中には本当に交際していると疑いを持たなくなるまで長期に渡って騙すような場合もあります。被害の多くは貴金属(指輪などのアクセサリー)や毛皮などです。
 
また、実際に被害に遭ったことを知った時点では、クーリングオフ期間が過ぎているような場合も多く、恥ずかしいといった理由から泣き寝入りも多く存在していると思われます。
 
まずは専門家に相談することです。 
Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved