クーリングオフ
  クーリングオフTOP
クーリングオフ
訪問販売
電話勧誘販売
連鎖販売取引
特定継続的役務
業務提供誘引取引
割賦販売
不動産
内容証明
文面サンプル
事例別クーリングオフ
クーリングオフ判定
クーリングオフQ&A
クーリングオフ妨害
 
お問い合わせください
     
 
行政書士によるクーリングオフ代行
 
 

出会い系サイトにいつの間にか契約していた

クーリングオフ対象外です。

無料のSNSから有料のSNSを勧誘するような被害が多くなっています。サイトや掲示板などで知り合って、その相手からそこは使い方がよくわからないからこっちでメールしよう、などと言われ、知らないうちに入会しているといったことがあります。

また、それ以外にも、いわゆる迷惑メールのURLをクリックしただけで、「登録されました」などの表示になり、登録料や使用料などが表示されることがあります。

いずれも契約する意思がなく、登録する前に有料であるという説明などがない場合には、そもそも契約が成立していません。

個人情報を入力していない場合には、無視しても問題ない場合がほとんどです。また、「解約はこちら」などから個人情報を送信することはやめておきましょう。業者にメールする場合は無料アカウントをとってから、電話する場合は非通知・公衆電話などにしましょう。(できればメール・電話はしないように)

後の対応については、その個々の状況によって変わりますのでなんとも言えません。
 
通常、パソコンからアクセスしただけでは個人情報はわかりません。IPアドレスから個人を特定することは、プロバイダなどが情報を提供する以外にできません。また、プロバイダなどが情報提供するような場合は、犯罪捜査などに基づいた場合などに限られていて、警察などの公的機関以外への情報提供はまず考えられません。

ですので、個人を特定できるなどの業者の脅しには応じないようにしましょう。


家に取り立てに行くなどの脅しは警察に相談してください。










Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved