クーリングオフ
  クーリングオフTOP
クーリングオフ
訪問販売
電話勧誘販売
連鎖販売取引
特定継続的役務
業務提供誘引取引
割賦販売
不動産
内容証明
文面サンプル
事例別クーリングオフ
クーリングオフ判定
クーリングオフQ&A
クーリングオフ妨害
 
お問い合わせください
     
 
行政書士によるクーリングオフ代行
 
 

リース契約を事業者名で契約した

業者は事業者として契約させればクーリングオフを逃れることができることに目をつけて、契約書に事業者名を記載させたり、事業者のゴム印を押させることがあります。

特に個人事業者は気をつけてください
住所氏名を書くのが面倒だからと言って、事業のゴム印を押させる業者がありますが、個人契約と個人事業主での契約は全く違った結果になります。
あえて個人事業者をターゲットにした訪問販売もあります。

多い事例として、インターネットなどのモデムや電話などがあります。
販売だけではなく、リース契約を結ぶ場合があります。
リース契約は途中での解約が制限されている場合が多く、契約するとまず解約できません。

ただし、事業主として契約した場合でも、利用目的などが主に家庭で使用するようなときや、個人として契約したことが明らかな場合には、クーリングオフが適用できると解されています。
当然業者はクーリングオフできないと主張するでしょう。また、契約書にはクーリングオフの記載がないと思われます。

あきらめずにきちんと主張するか、専門家にご相談ください。









Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved