クーリングオフ
  クーリングオフTOP
クーリングオフ
訪問販売
電話勧誘販売
連鎖販売取引
特定継続的役務
業務提供誘引取引
割賦販売
不動産
内容証明
文面サンプル
事例別クーリングオフ
クーリングオフ判定
クーリングオフQ&A
クーリングオフ妨害
 
お問い合わせください
     
 
行政書士によるクーリングオフ代行
 

セールスマンが家に来て商品を買った

指定商品であればクーリングオフできます
 
訪問販売として多いものは
布団 浄水器 リフォーム シロアリ駆除 給湯器 風呂 化粧品 など
 
訪問販売としてクーリングオフできる商品は、法律で決まっています
指定商品・権利・役務 ここにないものはクーリングオフできません。
 
しかし、上記以外でもクーリングオフできる場合があります。
それは、契約書にクーリングオフできると記載があるときです。
 
指定商品・権利・役務であってもクーリングオフできない場合があります。
それは・・・
 自分で業者を自宅に呼んだ場合
 指定消耗品を使用した場合 詳しくはこちらへ
 事業者として契約した場合 詳しくはこちらへ
 
訪問販売には、自宅の他、職場なども含まれると解されています。また、業者の店や営業所であっても、キャッチセールス、アポイントメントセールスといわれるものは、訪問販売に含まれます。
 
かたり商法
消防署の方から来た。水道局の方から来た。
などの言葉で、消火器や浄水機を契約させる商法があります。
 
点検商法
無料点検だと言って家に上がりこみ、リフォームやシロアリ駆除の契約をさせる商法です。
Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved