クーリングオフ

内容証明を送付する方法、手順を解説します。・・・
 
クーリングオフTOP
訪問販売
電話勧誘販売
特定継続的役務
連鎖販売
業務提供誘引販売取引
割賦販売
内容証明の文例
 
内容証明の書き方
 
用紙
紙に指定はありません。どのような紙でも問題ありません。
手書きでもパソコン等の印刷でもかまいません。
 
字数
たて、よこの字数に制限があります。
縦書きの場合 1行20字以内 1枚26行以内
横書きの場合 1行20字以内 1枚26行以内
1行13字以内 1枚40行以内
1行26字以内 1枚20行以内
 
住所・氏名
差出人と受取人の住所と氏名を記入します。
記入は文面の最初でも最後でも構いません。
差出人の印鑑を押印します。
 
封筒
封筒は特に定められたものはありません。一般的なもので構いません。
必ず差出人と受取人の住所を、内容証明郵便の本文に記載の住所・氏名と同一でなくてはなりません。
封をしないで郵便局にもっていきましょう。
 
契印
2枚以上になる場合はのりやホッチキスでとめ、契印を押印します。
 
郵便局での手続き
取り扱う郵便局
内容証明郵便を取り扱うのは、集配郵便局と一部の無集配郵便局です。
事前に確認してから出向いてください。
 
持参するもの
内容証明3通
封をしない封筒
 
配達証明
相手方が郵便物を受け取ったことと、受け取った日付を証明してくれるものです。
当事務所で代行する場合は、必ず配達証明付きで内容証明を送付します。
 
手順
@窓口に内容証明3通を提出します。
A配達証明を付ける場合は、その旨を申し出ます。
B郵便局職員が文面等をチェックします。
Cチェックが終わると、1通を封筒にいれ封印します。
D料金を支払い、控え1通と受領証を受け取ります。
 受領証は再発行する場合に必要です。大切に保管してください。
 
クーリングオフTOP
訪問販売
電話勧誘販売
連鎖販売
特定継続的役務
業務提供誘引販売取引
割賦販売
内容証明の文例
 
TOPページへ戻る
 

(c)行政書士橋本事務所