クーリングオフ判定
 クーリングオフTOPへ戻る

クーリングオフ判定

クーリングオフできないと判定されました。
 
※あくまで簡易的な判定ですので、クーリングオフできないことを断言するものではございません。
 
クーリングオフ期間は8日ですが、業者が独自に9日以上の期間を設けている場合は、その期間内であればクーリングオフできる場合があります。契約書をチェックしてください。

クーリングオフ以外の解約について

契約書をよくご覧ください。
 
業者独自の特約による契約解除
宅建業法に基づいたクーリングオフ以外にも、業者が独自に契約解除を認める条項や、ローンの審査に通らなかった場合の契約解除に関する条項などを規定している場合があります。
 
手付け放棄による契約解除
一般的に、手付け金を放棄することで契約を解除できます。
 
合意解除
法律による解除、契約による解除等がなくても、業者と交渉し、合意解除することは可能です。業者と交渉してみましょう。
ある程度の違約金は支払わなければならない場合があります。
クーリングオフ判定をはじめからやり直す
 
Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved