クーリングオフ
  クーリングオフTOP
クーリングオフ
訪問販売
電話勧誘販売
連鎖販売取引
特定継続的役務
業務提供誘引取引
割賦販売
不動産
内容証明
文面サンプル
事例別クーリングオフ
クーリングオフ判定
クーリングオフQ&A
クーリングオフ妨害
免責事項
サイトマップ  
 
お問い合わせください
    
クーリングオフのご相談が多いもの
 
エステ
化粧品
美顔器
下着
サプリメント
健康食品
リフォーム
毛皮
宝石
貴金属
布団
掃除機
教材
パソコン
データ入力
浄水器

シルクスクリーン
 
 
行政書士によるクーリングオフ代行
 

クーリングオフ妨害事例

自分でクーリングオフすることをお考えの方は気になるところでしょう。
しかし、意外と多いのがクーリングオフの妨害です。悪質なものから、法律に違反するとまでは言えない軽微なものまでさまざまです。
 
私たち専門家が通知しても、まれにクーリングオフの妨害をしてくる業者があります。そう考えますと、専門家が関与しないクーリングオフについて、クーリングオフ妨害は相当数あると推測できます。その内、クーリングオフを実際に妨害され、泣き寝入りする方がいることも予想できます。
 
クーリングオフ期間が過ぎているとうそをつく、又はわざと間違えたふりをする
 
クーリングオフを告げると、今から家に行くと言われた
 
契約したときに何時間も説明させておいて、解約するのは営業妨害だといって、違約金や慰謝料を支払えと言われる
 
通常より安くするからクーリングオフしない約束をさせる
 
特別に付属品などを無料にするからクーリングオフしないでほしいと約束させる
 
クーリングオフの通知を送ると、必要のない電話をしてきてプレッシャーをかける
 
自営業者に事業者名や屋号で契約をさせる
 
既に申し込みに基づいて動いているので料金は発生している クーリングオフはできない
 
クーリングオフされると自分の成績が下がるので、その分の給料を弁償しろ
 
理由がないとクーリングオフは認められない
 
業者が使用(開封)させておいて、使用したのでクーリングオフできない
 
既に登録したので、解約するなら抹消費用がかかる
Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved