クーリングオフ
  クーリングオフTOP
クーリングオフ
訪問販売
電話勧誘販売
連鎖販売取引
特定継続的役務
業務提供誘引取引
割賦販売
エステのクーリングオフ
不動産
内容証明
文面サンプル
事例別クーリングオフ
クーリングオフ判定
クーリングオフQ&A
クーリングオフ妨害
サイトマップ
運営サイト
 
coolingoff-solution.net
 
ネット解決クーリングオフ
運営者
行政書士オフィス結い
社会保険労務士オフィス結い
神戸市中央区磯辺通1-1-18

お問い合わせください

クーリングオフの対象
 
訪問販売
キャッチセールス
電話勧誘
マルチ商法
ネットワークビジネス
催眠商法
SF商法
資格商法
内職商法
モニター商法
エステ
語学学校
英会話教室
家庭教師
学習塾
パソコン教室
結婚紹介所
結婚情報提供
クーリングオフのご相談が多いもの

エステ
化粧品
美顔器
下着
サプリメント
健康食品
リフォーム
毛皮
宝石
貴金属
布団
掃除機
教材
パソコン
データ入力
浄水器

シルクスクリーン
 
サイト内コンテンツの無断使用・転用を禁止します

あきらめないでクーリングオフ

○クーリングオフ期間が過ぎたからといって、あきらめてしまわないでください。そもそも、クーリングオフ期間が開始されていないこともあります。

○業者は、期間が過ぎていると言ったり、使用したからできないと言ったり、いろんな理由を付けてできないと嘘を付くことがあります。このような嘘に騙されないよう注意しましょう。

○クーリングオフを妨害する目的で、解約するなら違約金が必要などと言う業者があります。クーリングオフは商品の返品に要する費用も、法律上、業者が負担することになっています。違約金など一切必要ありません。

○事前にクーリングオフしないという約束をしてしまうことがあります。しかし、このような約束は無効です。契約書に書かれていても、それは一切効力がありません。

○不安な場合は、最寄の消費者センターや専門家にご相談ください。契約書が絶対ではなく、法律が絶対です。法律に反する契約書は一切無効になります。業者に、「契約書に書いてあるから」といって、簡単に騙されないように注意しましょう。そのためには、専門家にご相談することをお勧めいたします。

○2009年12月の法改正により、通信販売もクーリングオフできる場合がございます。専門家・消費者センターへご相談ください。
 事例別クーリングオフ
商法や販売方法、商品やサービスなど、さまざまな事例ごとにクーリングオフを紹介。

 クーリングオフ判定
クーリングオフできるかどうかの簡易判定です。
クーリングオフできるかどうかの判断の参考にしてください。
最終判断は、専門家にご相談することをお勧めいたします。

 クーリングオフQ&A 知識編 妨害編
クーリングオフについての知識や、意外と多いクーリングオフの妨害について、Q&Aとしてご紹介しています。

 クーリングオフQ&A 手続編 依頼編
クーリングオフ手続についての知識や、当事務所にクーリングオフの代行をご依頼する場合の、よくあるご質問などをまとめて紹介しています。

 クーリングオフ妨害
クーリングオフの妨害例を例示しています。
どのようなクーリングオフの妨害があるのか、ご参考にしてください。
このよな妨害に対処できない場合は、専門家にご依頼することをお勧めいたします。

 クーリングオフ関連法令
特定商取引法をはじめとする、クーリングオフに関連する法令です。
クーリングオフは法律を根拠に行うものです。自分でクーリングオフする方で、法令等を確認したい方はご参考にしてください。

クーリングオフ
(クーリングオフの文面サンプル)

                          平成25年7月7日

東京都新宿区秋葉原町2丁目2番地1号
株式会社資格商会
代表取締役 東京 純一郎殿


                    通知書

 私は、平成25年7月5日に、私方に訪問販売で訪れた貴社セールスマン(横浜士郎)から、貴社が販売する浄水器(A-53G)を、代金50万円で購入する契約をしましたが、特定商取引法に関する法律第9条の規定に基づき本書面をもって上記契約を解除いたします。

 よって、私が契約締結に際し貴社に支払った金50万円を直ちにお支払くださいますよう請求します。

                兵庫県神戸市中央区元町通○ー○
                      神戸 太郎  印
 
 →文面の解説
上記サンプルは、あくまで参考程度としてください。
クーリングオフ
クーリングオフは期間が限られているため、早い決断と対応が必要です。
悩んでいる間にクーリングオフ期間は過ぎてしまいます。
クーリングオフ期間経過後の契約解除はかなり難しく、無条件で契約を解除できるのはクーリングオフしかありません。
 
契約するときにクーリングオフしない約束をする場合が多くあります。しかし、クーリングオフしない約束は無効です。いくらクーリングオフしない約束をしていても、法律上はクーリングオフできます。そのような約束をさせる業者は、クーリングオフについても妨害してくる可能性が高いので、自分でクーリングオフする際は十分注意してください。
Copyright (C) 2007-2016 行政書士オフィス結い All rights reserved